コンセプト・開催テーマ

コンセプト・開催テーマ 大阪・光の饗宴は、「御堂筋イルミネーション」と、「OSAKA光のルネサンス」を コアプログラム、大阪各所で地域活性に取り組む団体等が実施する光のプログラム を「エリアプログラム」として、“大阪の夜を彩る光のミュージアム”をテーマに開催します。
世界的な光の祭典であるフランス・リヨン市の「リュミエール祭」を参考として、 2020年までに国内外からの来訪者1500万人以上をめざします。(2017年度は約 1,367万人が来場)
コアプログラム
●御堂筋イルミネーション2018 2018年11月4日(日)~ 12月31日(月)※58日
●OSAKA光のルネサンス2018 2018年12月14日(金)〜12月25日(火)※12日
プレビュー点灯(一部コンテンツのみ) 12月1日(土)〜13日(木)
開催テーマ
6年目を迎える「大阪・光の饗宴2018」では、より一層プログラムの充実やクオリティの向上に努め、おもてなしの心をこめて光により大阪の魅力を彩る「光のミュージアム」として展開し、「水と光の首都大阪」のブランド確立・向上や大阪の観光振興、活力向上に取り組んでまいります。
keyboard_arrow_up
このページの先頭へ