中之島周辺の橋梁等ライトアップ中之島周辺の橋梁等ライトアップ

中之島周辺の橋梁等ライトアップ

中之島周辺の橋梁等ライトアップ中之島周辺の橋梁等ライトアップ

大阪は江戸時代から“浪華八百八橋”と言われ、橋と市民生活とは密接な関わりを持っています。大阪市では昭和53年度から橋梁環境整備事業を計画し既設橋の改装を実施しており、昭和58年に策定された「ライトアップ大阪計画」に基づき、橋梁のライトアップを実施しています。
こうした橋梁の夜間演出は、これまで実施してきたライトアップの考え方を基本としながら、光のグランドデザインといった他のライティング計画などをふまえ、光の回廊における新たな橋梁の夜間演出を創出しています。

概要

  • 期間
  • 通年
  • 開催場所
  • 堂島大橋 外11か所
堂島大橋

①堂島大橋
『中之島 光のARCH GATE(アーチゲード)』をコンセプトに、「中之島の西ゲート」としてその優美な鉄骨シルエットの特徴を活かしたライティングが施されています。夕刻より光の色がゆっくりと変化します。

玉江橋

②玉江橋
『玉とホタル「世界に広がる水都大阪とおもてなしの和の灯り」』をコンセプトに、橋名由来である玉の放つ光の道と、ほたるまちのホタルをイメージし、水都大阪の力強さと優しさの融合を演出しています。

錦橋

③錦橋
大阪のシンボルにもなっている橋を、身近に感じてもらうための橋のギャラリーを橋上に有する可動堰。『芸術を紡ぐ「錦橋」』をコンセプトに、美しい橋梁側面部を、水をイメージした青のライトが上品に照らし出しています。

中之島ガーデンブリッジ

④中之島ガーデンブリッジ
中之島歩行者専用道と堂島公園を結ぶ歩行者専用橋であり、橋の中央にはモニュメント「そよかぜ」が設置されています。『中之島へ誘う(いざなう)ラインライティング』をコンセプトに、近代建築群の中でもその洗練されたモダンなデザインは埋もれることなく輝いています。

大江橋

⑤大江橋
淀屋橋とともに意匠が一般公募されました。高速道路の柱や護岸、橋、日本銀行などとともに、美しく、彩りのある夜間景観を創造しています。

淀屋橋

⑥淀屋橋
江戸時代に豪商淀屋が架けたとされ、現在のデザインは一般公募されました。高速道路の柱や護岸、橋、日本銀行などとともに、美しく、彩りのある夜間景観を創造しています。

水晶橋

⑦水晶橋
当初は河川浄化を目的として建設されたゲートでしたが、上部を歩行者に開放し今の水晶橋となりました。二種類のアーチが絶妙なバランスを成し、水面に揺らめく光は水晶の名に相応しい美しさを演出しています。

栴檀木橋

⑧栴檀木橋
中之島の景観に欠かせない中央公会堂や三休橋筋のガス灯の光との関連性を重視すると共に、中央公会堂と三休橋筋をつなぐラインを際だたせ、周辺エリアのレトロモダンな風情を演出しています。

鉾流橋

⑨鉾流橋
通常は金糸帯(きんしおび)のイメージに基づいた「黄金色」、深夜にかけて「水都ブルー」に変化するなど、時間帯や季節により異なった色彩の演出が施されています。

難波橋

⑩難波橋
市章を組み込んだ高欄、親柱上のライオン彫刻など最大限の意匠設計がなされた〈なにわ三大橋〉のひとつです。『光が彩る歴史と今の交差「難波橋」』をコンセプトに、南北の橋梁下部を「光のトンネル」として照らし出し、石造りの高欄などを自然な光で演出しています。

天神橋

⑪天神橋
中之島公園の東端に位置し、市民からも親しまれる〈なにわ三大橋〉のひとつです。『灯りのゆらめき「天神橋」』をコンセプトに、水都大阪を代表する景観を成し、オレンジの光が低く軽快なアーチを水上に鮮やかに浮かび上がらせています。

天満橋

⑫天満橋
「なにわ三大橋」のひとつであり、「のびのびとした、鳥が翼を広げたような形」と表されています。天神祭においても中心的な橋梁としてライトアップされ、その景観が祭りに華を添えています。平成23年度には、『天が満つる光の架け橋』をコンセプトに、橋桁を照らす明かりによって、天満ガラス発祥の地を印象付ける天満切子模様を表現したライトアップにリニューアルされました。

剣先公園の大噴水

⑬剣先公園の大噴水
大きな弧を描きながら照明に反射する水しぶきが圧巻です。